突然

あっ・・・・

寝台列車に乗りたい。



って思いました。
今日。

ってもう二月になるけれど、あけおめの記事も書いてないじゃない、あなた。
どんだけ放置プレイなのよ。
そのほうが興奮するってわかっててやってるんでしょう?
どうなの?何とか言ってみなさいよ!

とか、どうしようもない自問自答をする私の脳髄は元気です。
いい加減まともになってくれないかな。
みんなは元気かな?



旅に出たいとゆー衝動ですが、
思い立ったら即行動というか
思い立たないと行動しないため
とりあえずソウルフルメイトさんに

「旅に出たい・・・寝台列車で」
ってメールしてみました。
何かあったのかと心配されましたが
あいにく、まだ湯けむりのなかで殺人が起きたり
番頭と女将の不倫現場を目撃してしまったり
いきなり名探偵があらわれて華麗に謎を解いたりは
してません。
何もありません。

思えば
「ちょっと千葉の猫軍団に会いに行かねえ?」とか
「着物着て浅草練り歩かねえ?」とか
熱に浮かされた私の衝動の数々に
驚異のシンクロ率で応えてくれた彼女です。

今回も実現させてやるんだからね!



行先は出雲って勝手に決めています。
タイトルは
「おきゃんなオヤジOLデュオ★ぶらり湯けむり殺人事件~地酒持って帰るのは各自二本までな。重いから~」
って決めています。
本格ミステリーです。
提供はメナード化粧品です。
ちょっと出演料の交渉に行ってきます。


あ・・・
出雲に温泉てあるの?
わからない・・・
私には・・・
何も・・・

ひとつだけ言えるのが

かの地では
陰暦10月の呼び名が、全国ほとんどの地域で「神無月」と呼ばれていたのに対し
出雲では、八百万の神様が一気に集まっちゃったりする時期なので、
局地的に「神在月」と呼ばれていた
ちなみに今は二月

ただ・・・
それだけしか・・・
[PR]
# by gakiss | 2009-02-03 00:26 | 駄目であることオクレの如し

殺しても死なない

敵キャラでいうならば

レアポップ

の位置に居たいGAKKYですこんにちは。



先日、交通事故にあいました。
道を歩いていて青信号になったので渡ろうとしたら、
坂道を急降下してくる自転車に思いっきりぶつかりました。

「どんがらがっしゃーん」
ていう効果音がしそうな、いっそ気持ちいいほどの接触事故でした。

一通りぶつかってきた自転車ごと転げ回り、
道路に打ちつけられ、
むくりと立ち上がった私を支配していたのは怒りでした。
人間、予想だにしない事件があった後は
予想だにしないテンションが沸き起こるものですね。


「どこ見てチャリ漕いでんねんなあああああ
 あっぶないやろがあああああ」


的な暴言を、ぶつかってきた人に向かってはきまくった後
「ケ、ケガとかないですか」
と、自身もチャリにまみれて無残な感じになっている相手が声をかけてきたのですが


「ケガ?
 ふん、ケガなんてないと思うけど・・・

 気をつけてよねっ!」


と返して、スタスタと歩いて帰った私は


ツンデレでも気取ってるのでしょうか。


わりと大がかりな事故といえたので、後を考えると相手の連絡先を聞くべきでしたが
華麗にスルーしてしまったことが悔やまれます。
まあ、今のとこ何ともないですけれども。


ちなみに交通事故は二回目です。
一回目は、チャリ通していた高校生の頃、
これまた青信号を渡ろうとして、チャリごと信号無視な車にはねられました。

結果、
チャリは大破。
私は無傷。

ポーンと飛んで、気づいたら地面に座っていました。
一瞬何が起きたかわからず、目の前のぐちゃぐちゃになった自転車を見るともなしに見ながら、ポカーンとしていた私はそう、まぎれもないセブンティーン。
結果、チャリンコだけが新品になり、私は周囲から

「当たり屋」

と呼ばれました。
ひどい・・・17歳の乙女に向かって・・・・


まあ、そんなわけで
守護天使様の加護かどうかわかりませんけれども


母さん、今日も私は元気です。
[PR]
# by gakiss | 2008-10-22 21:53 | 駄目であることオクレの如し

その後

先日は放置していきなり投稿したと思ったらアレな内容で、
コメント残してくださった方、ありがとうございます。



せっかくだから式当日の内容でも書き留めておこうかしら・・・


神前式だったんですよ。
慣れない着物で何重にもくるまれ、髪を劇的に圧縮されて、重いカツラかぶせられていて
半分くらい、意識なかったですね・・・

孫悟空が悪いことしたらキュッと締めつけられる頭のわっかみたいに、
痛かったですねおつむが。
何の拷問かと思いましたね・・・

そんな状態でも笑みを絶やしてはならなかったので、
不自然であろう引き攣った笑顔を振りまいていた私の目にうつったものは


式の進行を行う斎主を助け、わたくしどもを先導してくださる
朱と白の衣装に身を包んだ女性・・・



「巫女だと・・・け、けしからん」


ここで新婦、なぜか動揺。
おかげで式中、ほとんど意識がありませんでした。
どこかで誰かがすごくいいことを言っていたりしたような気がしますが、よく覚えていません。

もうとにかく体力ないもので、
重さと痛さに今にも天に召されそうな感じだったので、
それに抗うように、しがみつくように
うわ言のように繰り返す私の「巫女萌え~」に
蠅を見るかのような冷徹な目で「キモい」と言い捨てる新郎。

世界広しといえども、
結婚式に相方にキモがられる花嫁は、そういまい。




しかしその巫女の女性が
後に、式場施設の受付をやっているのを見たとき
神社から来た本物ではなく、ただの手伝いだと後で判明したとき
急激に萌えが萎えに変わったのは
また別のお話です。
[PR]
# by gakiss | 2008-09-23 11:21 | 駄目であることオクレの如し

結婚します

・・・ってどこかの釣りバトンみたいな感じですね。
これ見たら必ずバトン受け取ってね☆ミ みたいな。

でも、マジで今週末、つがいになります。
ネタしか書かない日記ぽいけど、たまには本当のことを書くじぇ。

イニシエーションは遠くの地で、親族だけでひっそり行われます。
来年あたり、落ち着いたら
「パーリー」(パーティーのすごく発音いいかんじ)
でも催そうかな、どうしようかな、って感じなんで
よかったら出席してくださいね!
ピカチュウの着ぐるみ着るよ!(嘘)

今週末、式のために何日か遠くの地に駐在しているのですが、
何が心配ってあーた、はにわさんのことですよ。
最近めっきり男らしくなってきたはにわさん。
私のいない間に、メスネズミとか連れ込んだりしないかしら。大丈夫かしら。
[PR]
# by gakiss | 2008-09-09 23:24 | 駄目であることオクレの如し

久し振りに民報をみたよ

うおおおお
ブログのIDとパス忘れてたよ
ちょ、どんだけ浦島太郎ですか
といってもたかだか1か月くらいの放置プレイ
なのに不思議ね・・・戸惑ってる

つーーーことで
職場も変えたし、なんか来月にはつがいになっちゃうし
環境がめまぐるしく動いているような
なのに私は相変わらずどうしようもないままであり
オヤジであり、乙女であり、オタクであり
はにわさんは相変わらず愛くるしく、そして
なぜか最近はティッシュをかざすと妙に興奮して「キーキー」わめいたり



・・・ひとことで言うと
夏、真っ盛りです。



というわけで、今日は長文になりそうなので
お時間のある方だけどうぞ。




本日、例によって私は、酒をかっくらいながら
仕事帰りの疲れた目をテレビに向け
ちょうど放送されていた「奇跡体験!アンビリバボー」を見ていました。

最初はね、芸能人のペット自慢とか、世界の珍しいペットとか見て
ニヤニヤしてたんですよ。
でも最後に、日本初のセラピードッグの特集がやっていて、
前職がちょい関係してる感じだったのもあり、ぐいぐい引き込まれてたんですが
気づいたら

男泣きしてました。





ほんとのとこ、自分が動物好きだって人に言うのって
「あたし料理とか家事大好き☆ミャハ☆」
みたいな、なんか人にいいように思われたいような、
そういう小賢しい感じがしていやなのね。

私は自分で自分を腹黒いとおもうし、
いい人だと思ってもないし思われたくもない。
だけど人間以外の哺乳類、特に犬・猫・鼠あたりに関しては
弁慶の泣き所であるのだと先に言っておく。

幼少の頃より、わたしの近くには犬とか猫とかがいて
その存在に随分癒され、気持ちを救われた記憶があるんですな。
人間に生殺与奪の権を握られるしかない愛玩動物を見るにつけ、
社会的に言うと弱者(まあ、大人に対しての)である子供であった時分、
なんつーか、シンパシィを感じてしまったのかもしれません。
何でも難しく考えたいジェネレイションってあるよね。

んで、番組の内容はというと、
最近でこそ、取り沙汰されるようになった「アニマルセラピー」。
本場である欧米では、その現場で活躍する動物たちの、ほとんどは血統書つきです。
(理由は、血統が明らかじゃないと、性格がつかみにくいから。かの国らしい合理的な考え方だねっ)

だけど、日本でのアニマルセラピー犬第一号は、雑種の捨て犬。
それも、動物愛護センター(という名の収容所)に連れていかれて、
あと少しで命を奪われそうだった、はかない、小さな犬。

主人公はその雑種犬♀と、彼女をセラピー犬へと育て上げた男性なんですが、
その男性が捨てられていた彼女を見つけたとき、彼女は産んだばかりの子犬と一緒にダンボールにいて、しかも、虐待されていた痕があったそうです。
セラピー犬的なポテンシャル(たとえば、闘病中の犬に付き添ったり、彼女は教育を受けたわけでもないのに本能的にそういう資質を持っていたそうだ)
を見つけられ、男性は彼女にセラピー犬の本格的な教育を施そうとしたわけだけど、
杖を使う訓練を行おうとした瞬間、彼女は虐待の記憶をよみがえらせたのか、ついぞ見たことのない機敏さで逃げて怯えてうずくまってたんだって。
だけど、男性の熱意と、彼女の努力でそれを克服し、見事優秀な成績を修め、捨て犬だった彼女は日本初のセラピー犬になった。

医療と動物って、そんなにかかわりないことのように思うけど、
動物を使った患者へのセラピーは、欧米では超ポピュラーで、
日本でも遅ればせながら、最近ようやく認知されるようになりましたね。
彼女と男性の活躍があったからなのかなと思うけどね。

こういう画期的な医療への取り組みって、当初は失敗とかすごいあるはずだけど、
アニマルセラピーに関しては、この十数年の間、一度もマイナスな報告がないのだとか。
動物にかかわる仕事をしてたとき、そうどっかの資料で見た気がします。
それだけ、動物の持つ力に、人間は救われてるんだよなあ。

残念ながら、日本初のセラピー犬は、2年前に高齢でガンのため亡くなったそう。
余命三か月と診断されて、あとはおとなしく余生を送るはずだった彼女ですが、
それでも男性やスタッフや後輩犬たちが医療の現場まで向かうというとき、
休んでいなさいと止める声も聞かず、自分を待つ、障害を抱えた人たちのもとへ駆けつけようとしたそうです。

そこまで彼女を駆り立てたものはなんだろうね。
自分が辛くて悲しい目にたくさんあったから、
同じように辛い思いをしている動物や人間をほっとけなかったのかな。

彼女が天に召されたあと、男性は彼女と同じように、動物愛護センターでガス室に送りこまれる寸前の犬を引き取っては、セラピー犬に育て上げているそうです。

そんな男性も、幼少のみぎりは、極度の吃音でいじめられ、心の傷をペットに癒されてそれを乗り越えたのだとか。
だからこそ、捨て犬を放っておけないし、障害に苦しむ人が動物によって救われる現場を離れられないのかもしれません。

聞きようによっては、「お涙ちょうだい物語」にとらえられるかもしれないですけどね。
ただの感動話に始終することはなく、地に足ついて、動物とセラピーを結びつけたその男性と彼女の姿を見て、なんかこう・・・ぐっときました。

わたしもいつか、何かできたらいいなあ。
堕天使のように自堕落で、その煩悩と怠惰さで空気を汚すことしかしてない人間であるわけですけども
何かできたらいいよなあ。



日本初のセラピー犬である彼女が生きた時間
それは、人間である男性にとっては「少しの間」
彼女と出会う前から既に大人で、彼女の死後もまだまだ時間はあって、
彼女のように捨てられた犬を引き取っては、育てていくことができる

人間には、たくさんの時間が与えられているのだと思います

そしてたくさんの自由も



・・・だから何だというわけではないけれども
考えさせられました。
[PR]
# by gakiss | 2008-08-21 22:26 | メガネの時は真面目ぶっている

生存報告とレーゾンデートルはどこか似ている。響きが

|д゚)チロッ

|彡サッ




・・・ブログ書くの久し振りすぎて緊張してる私( ゚Д゚)アライヤダ!!





最近はすっかり自堕落です。
もういっそ、堕天使のように生きてやるって決めています。







いやあの、普通のOLになったつもりだったんですけども。


なぜか政治家の政治資金パーティーに単身乗り込むハメになったり


勤め先の偉いさんに激しく布教活動されたりとかして。







どんびきしたりもしたけれど、私はげんきです。(魔女の宅急便風に)







挿入歌はルージュの伝言でお願いね。
にほんブログ村 OL日記ブログへにほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
[PR]
# by gakiss | 2008-06-23 23:17 | 駄目であることオクレの如し

花より・・・

あーーーーーーーーーー
酒を飲んだあとの煙草は
どうしてこんなに旨いのですかなーーーーーーーー!!!


既にほろ酔い夢気分。
飲んで食って時間魔法。






話し変わりますけどもこの前、
母上から

「あんた、ゲームばっかしてないでたまには花見でもしなさい花見」

みたいなメールがきてた。




母さん・・・
メールの文面からして、どっちかというと中学生にいうような内容だとおもうんだ。
間違っても妙齢の女子向けではないとおもうんだ。


ほんとはわかってる。
わたしだってそろそろ大人にならなくちゃいけないっていうことも。


だから母さん、この前花見をしたんだ。
春とは名ばかりで、まだ肌寒くてガクガクブルブルしていて、しかも視界の端に、プロレスの角田みたいなおじさんが滑り台で腹筋をしてたんだ。
なんのことだって思うよね?
わたしもよくわからなかった。
自分の目になにが映っているのか。

とにかくそこは公園で、桜が満開で、
ソウルメイトM夫婦(長いからソウル夫婦でいいよね)と相方と一緒にキャッキャウフフしながら花見としゃれ込んだ。
まことにウマスな料理を口に運びながら桜を愛でていたわけだけど、
背後には滑り台があった。
そしてその滑り台の傾斜を使って、屈強な50代とおぼしき男性が、体全体を重力に最大限逆らった形でもって、まるで神に抱かれるがごとくに遊具に身を任せながらアグレッシブに腹筋運動をしていたわけだ。

角田似のおじさんは、何度か中断をしては茂みの休憩所に戻ってはまた滑り台に来る、の繰り返しをしてた。
遠巻きに、子供たちが滑り台で遊びたそうに様子をうかがってた。
おじさんのいない隙を見計らって、わたしも同じように滑り台につかまり、同じように腹筋をしてみようともした。
でも、二ヶ月ニートをしたこの身体は、彼の鍛えあげた身体に追いつくはずもなかったんだ。
なにせ、握力40を誇ったこの私が、ペットボトルの蓋でさえ開けられなくなったくらいだからね。

同じことをして彼の気持ちを知ろうとしたけれど、どうやらかなわないことだったようだ。
そして人間という人間をあざ笑うかのように冷たい風が吹いてた。

だけど、狂ったように花びらを散らす桜や、運び込まれた潤沢な酒が日常を忘れさせてくれるのなら、こんな出会いも、悪くないかと思ったんだ。

いや・・・
別に会話は交わしてないけどね。





以上、酔っ払いの繰言でした
にほんブログ村 OL日記ブログへにほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
[PR]
# by gakiss | 2008-04-10 20:34 | 駄目であることオクレの如し

真人間として

ああ・・・恐れていたことがはじまってしまったわ。


それは


働くという行為・・・!




この数年間というもの、考えてみればノンストップで働いてきたんですよね。
しかも最近まで、なんかちょっとキャリア系?そういうの気取ってみたりして?
微妙にやりがいなんかも覚えてみたりして?
まあ
社畜っていうか・・・
自分としては、そういうのも充実している気がしないでもなかったんだけど・・・

一回はなれると、だめだね。
二ヶ月もニートやると、だめだね。
今週から新天地にて勤務してるんですけども
どうして無難なスーツ着用の上司しかいないんだというか
たまにはパンタロンでもはいてみようよというか
いつになったら仕事中にネット解禁なのだろうというか
下ネタはここまでOKだろうかとか
雑念ばかりがわたしを取り巻いている。

まあでも、四月だし、いっちょ新生活キャンペーン実施中なのですよ。
使い古しのフレッシュメンですよ。




それでね
いま、あえてこのタイミングで言おうと思うんだ。



「働いたら、負けだと思ってる」





いつだって俺は負け組さ 近所でも評判さ (あの歌の替え歌で)
にほんブログ村 OL日記ブログへにほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
[PR]
# by gakiss | 2008-04-04 21:06 | 駄目であることオクレの如し

腹が黒いことと喪黒福造との関係

あなたの腹黒度がわかるサイトですって。

最近こういうのはやっているのねー。
とか思いつつ、暇なのでやってみました。















【腹黒度チェック 結果】
あなたの【腹黒度】がどれくらいかを診断してみました。 あなたの【腹黒さ】はこんな感じ!




魂の黒さ  100%
心の黒さ  67%
ルックスの黒さ  37%
輝く白さ  33%

あなたの腹黒度は最高レベル【心身ともに真っ黒な人】のようです。
生まれ持って腹黒な気質のあなた。善人のかけらもないようです。
それはもはやあなたのせいではありません。
あなたにとっては自分の欲望に忠実に生きているだけで、自分が腹黒いという自覚さえないかも知れないのです。
しかし広い社会において、あなたの存在はきわめて危険度が高いといえるでしょう。
もはや更生することは不可能ですから、これからも素のままのあなたで生きてください。



・・・ふーん。
ところで、魂の黒さって何?
善悪は別にして、染料によって黒く塗られてるとか、そういうことよね。

「黒く塗れ」という名曲がありますなあ。
そういえば、ずっと「名曲喫茶」なるものに行ってみたいと思っていたんだけど、最近でもあるのかなあ。
高校生のころ、大槻ケンヂの本を読んでいってみた、渋谷にあるカレー屋「ムルギー」にもまた行きたいなあ。
まだあるのかなあ。
時間は残酷にもいろんなものを奪い去っていk(ry

・・・
普通に落ち込んだ。




そこまで言い切られてもな。
にほんブログ村 OL日記ブログへにほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
[PR]
# by gakiss | 2008-03-21 19:22 | 駄目であることオクレの如し

黒板

人気みたいなのでやってみました。

黒板にらくがき
(表示されないときは、何度か更新すると見えますにょ)

いや……
書きたくなるでしょ
なるよね?
ならないなんていうのは、それは自分の心にうそをついているに決まってる。
決まってるんだ。

そうこうしているうちに、就職きまりました。
4月から自宅警備員卒業だお。

この二ヶ月で、すっかり
「どこに出しても恥ずかしくないニート」
として成長したわたくしですが、果たして社会というしくみに再び入ることができるのだろうか。

ま、ぼちぼちやります。



ぼちっとな。
にほんブログ村 OL日記ブログへにほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
[PR]
# by gakiss | 2008-03-11 19:12 | 駄目であることオクレの如し